沿革

<学会の沿革> 

 

1867(慶応3)年

福澤諭吉が「西洋旅案内」を刊行。「災難請合の事」として、「生涯請合」、「火災請合」、「海上請合」をはじめて日本に保険を紹介する。 

 

1952(昭和27)年 慶應義塾保険学会設立.園乾治理事長就任。
1953(昭和28)年 学会誌「保険研究」第1集を発行。
1966(昭和41)年 庭田範秋理事長就任。
1972(昭和47)年

学会設立20周年記念講演会を開催。

   ・「日本の物価問題」- 保険に関連して ー

         慶應義塾商学部長 鈴木諒一氏

   ・「わが国損害事業の現状」

         東京海上火災保険株式会社 副社長 長崎正造氏

   ・「わが国生保事業の現状と展望」

         明治生命相互会社 副社長 山中宏氏

 

1982(昭和58)年

学会設立30周年記念講演会を開催。

   ・「生保業界の現状と展望」

         第一生命保険相互会社 社長 西尾信一氏

   ・「損保業界の現状と展望」

         大正海上火災保険株式会社 社長 石川武氏

 

1993(平成5)年

 学会設立40周年記念講演会を開催。

     ・「情報学―その保険への活用」 

                 慶應義塾大学商学部 教授 庭田範秋氏

 

1997(平成9)年

「保険研究」第50集記念号を発行。

 記念事業として懸賞論文を公募。

    優秀論文 「自由化時代における保険会社のサービス戦略」

     東京海上火災保険株式会社 経理部予算グループ  与謝野稔氏

 

2002(平成14)年

学会設立50周年記念事業として「新世紀の保険」(慶應義塾大学出版会)を刊行。

堀田一吉理事長就任。 

 

2006(平成18)年 学会叢書第1巻として「保険進化と保険事業」(慶應義塾大学出版会)を刊行。
2008(平成20)年

「保険研究」第60集記念号を発行。

学会叢書第2巻として「保険事業のイノベーション」(慶應義塾大学出版会)を刊行。

学会叢書第3巻として「保険学のフロンティア」(慶應義塾大学出版会)を刊行。 

 

2010(平成22)年

特別企画として、庭田範秋「保険理論の展開」(1966年刊 有斐閣)を慶應義塾大学出版会より復刊。 

 

2011(平成23)年 学会叢書第4巻として「人口減少時代の保険業」(慶應義塾大学出版会)を刊行。
2013(平成25)年

学会設立60周年記念事業として、【日本の保険業 過去、現在、そして未来】をテーマに記念講演会を開催。

  ・「生保会社の商品開発動向と今後の展望 ~商品開発・保険数理から見た3つの転換点~」

  株式会社 ニッセイ基礎研究所 社長 野呂 順一 氏

  ・「安全から安心、そして楽しさへ ~安心の、さらには楽しいライフスタイルの提案~」

  株式会社 損保ジャパン総合研究所 社長 百瀬 剛 氏

 

2015(平成27)年 学会叢書第5巻として「高齢者の交通事故と補償問題」(慶應義塾大学出版会)を刊行。

ページの上部へ戻る